ダイエット中も美味しくご飯が食べられる!無農薬こんにゃく米



こんにゃくが低カロリーでダイエットに向いていることはみなさんご存知ですね。

でも、「料理めんどう」「匂いがキライ」「飽きる」って人もいらっしゃるでしょう。

しかし!こんにゃくの効果を知ったら・・・。

そしてご飯我慢せずにダイエットできたら・・・。

これは一石二鳥以外のなにものでもないでしょう。

何からできている?


こんにゃくは「こんにゃく芋」(こんにゃく玉とも呼ばれる)というサトイモ科の植物の球茎から作られる加工食品です。

こんにゃく芋の原産はインドシナ半島といわれ、現地では芋の形状から「象の足」という異名があります。

今でも東南アジアには数多くのこんにゃく芋の仲間が自生し、その種類は約130種といわれていますが、

その多くは日本のこんにゃく芋と品種が違い、こんにゃくマンナンという食物繊維の含まれないこんにゃく芋で、加工しても固まらず、

こんにゃく作りには適しませんでしたが、最近では中国をはじめ東南アジアの各国においても日本向けに食用として栽培している状況です。

こんにゃくは6世紀頃仏教とともに中国より伝わったとされていますが、はっきりとしたことはわかりません。

こんにゃく芋は、じゃが芋と同様にタネイモから増やしますが、じゃが芋と違って成長するのに2~3年必要です。

まず、春にタネイモを植えると新イモができ、そこから地下茎が伸び、秋には生子(きご)というこんにゃく芋の“赤ちゃん”ができます。

この生子を一度収穫し、次の春に再植付けをしたものを1年生、これを秋に収穫したものを2年生、さらに次の春に植えて秋に収穫したものを3年生と呼びます。

生子から1年生では5~10倍に、2年生から3年生ではさらに5~8倍に成長し、3年生になると大きいもので直径30cmほどに成長します。

こんにゃく作りに適しているのはこの3年生ですが、こんにゃく芋は低温に弱く、腐りやすいため、収穫してから次に植えるまでの保管がとても難しい作物なのです。

参照:日本こんにゃく協会

効果

こんにゃくに含まれている水溶性の食物繊維「グルコマンナン」には、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を抑え、

有害物質の停滞時間を短くし、腸壁を刺激して排便をうながす作用があります。

また、コレステロールと糖の吸収を抑制する効果があり、糖尿病、高血圧、動脈硬化の予防が期待できます。

こんにゃくは、あらゆる植物の中でダントツ量のセラミドを含んでいます。

セラミドには肌を保湿し、バリア機能を向上させ、メラニン色素を抑える効果があり、美溶液には欠かせない成分の一つです。

さらに、こんにゃくに含まれるセラミドはコラーゲンを増やすことも確認されており、アトピー性皮膚炎や花粉症のアレルゲンをブロックする働きがあります。

100gのカロリー:5kcalと、超低カロリーで美容にイイ!っていうことはわかりましたが、

なかなか毎日摂るのはお料理たいへん。

無農薬こんにゃく米

こんにゃく米で我慢ゼロのダイエット!



ご飯はしっかり食べたい
からだコントロールのこんにゃく米は、お米1合+こんにゃく米4袋(炊きあがり3合)で炊いた場合、

通常の白米より、糖質・カロリーともにおよそ50%カットすることができます。

通常の糖質制限のように、炭水化物を摂取しないのではなく、食べて我慢することなく糖質制限を初めていただけます。

(こんにゃく米は2袋で、炊きあがり約1合分です。)

普通の白米みたい
通常こんにゃく米は、専用の機械で粒形状と粒重量を設定し製造しています。

しかし機械まかせではどうして品質にもばらつきができ、食感も良くありませんでした。

からだコントロールのこんにゃく米は妥協を許さず、人の目と手で粒形状と粒重量を全量検品し製品化することで、

高品質なこんにゃく米のみを使用し、白米同様の美味しさで食べる満足を感じながら糖質制限をしていただけます。

こんにゃくの匂いがしない
からだコントロールのこんにゃく米は、研ぎ終わったお米に注ぎ入れ、沈むように混ぜて準備完了です。

独自の乾燥工程を用いることで、こんにゃく独特の臭いもほとんど残留しないので、水にさらしたり、洗ったりする必要もなくとってもお手軽!

あとは普通のお米を炊くだけで、美味しい糖質制限ご飯のできあがりです。

冷凍もできる
従来のこんにゃく米では、冷凍保存をしてしまうと電子レンジで解凍する際に、離水してしまうため、冷凍保存には不向きでした。

しかし、からだコントロールのこんにゃく米は、炊きあがりの粒形状と粒流量を白米に極力近づけることで、

解凍後も白米と同じ水分量を維持し美味しく召し上がっていただけます。

色々なこんにゃく米を試してみましたがこれが一番美味しく。冷めたお弁当にも美味しいです。引用:Amazon

いい効果が得られて、ダイエットのにも最適なこんにゃくが、ご飯の量を減らさずにおいしく食べられるなんて!
冷凍もできるなら、便利ですね。