ドライヤーの熱から髪を守るヒートケア60低温ドライヤーで天使の輪!



綺麗な髪を育てるためには
ダメージを与えないこと!
ですがドライヤーの熱で髪を傷めていませんか?
低温ドライヤーは乾かす時間がかかると思っていませんか?
髪を傷めず乾きも速い、【ヒートケア60】
傷めては保護のいたちごっこをするなら低温ドライヤーで傷めず乾燥。
あなたの髪も天使の輪が輝きます。

ヒートケア60低温ドライヤー



熱によるパサつき

パサつき・広がり・くせ毛・枝毛で悩んでいる方、

高温ダメージのせいかもしれません。

健康な髪はしっとり、ツヤがあり、適度な弾力とハリがあります。

一方、高温ダメージが重なるとまとまりが悪く切れ毛・パサつき・枝毛などが多くなり髪が赤みがかってきます

髪を傷めてしまう大きな原因のひとつ、それはドライヤーの温度です。

髪を構成する細胞は表皮組織に分類され、基本的に皮膚と同じ種類です。

髪の表層にうろこ状構造を作るクチクラ層(キューティクル)は比較的丈夫なので高温の空気を当てても平気なようですが、

皮膚を火傷させる温度は当然髪を火傷させてしまうことになります。

低温ドライヤーはちゃんとドライヤーの機能を持ったうえで、髪の火傷を防止するためのものです。

手のひらに当てて耐えられない熱さは、髪に相当なダメージを負わせてしまいます。

電熱線を通して出てくる空気は120℃にも達してしまいます。

この熱で髪は火傷し、大きなトラブルになります。

まずは傷めないこと

このサイトでもヘアケア商品を多数、紹介していますが

傷めてしまってからの修復としてヘアオイルやエッセンスを使うのではなく、

傷めないようにヘアケアをするためには要因となっている毎日使うドライヤーの見直しは必要だと思います。

熱で傷めて修復、また傷めて修復、という悪循環を繰り返すよりも

髪を傷めないドライヤーの使用でヘアオイルなど必要がなくなるかもしれません。

公式サイトはこちら

↓↓↓↓↓↓

ドライヤーの熱で髪を傷めるなら自然乾燥!という方もいるようですが、

濡れていてキューティクルが開いた髪に細かいほこりなどが付着して髪どうしがこすれあったら傷んでしまいますよ。

それと、長い髪を濡れたままゴムで縛るのも同じように髪によくありません。

ツヤツヤの元気な髪を育てようと思ったら、できるだけ早く乾かしましょう。

洗濯ものを洗って干すのを忘れていたら臭くなってしまった。という経験ありませんか?

生乾きの状態で放置するとバクテリアが繁殖し匂いの原因になります。

せっかく洗ったのにイヤな匂いになってしまわないようドライヤーは必要。
商品

ヒートケア60低温ドライヤー

ドライヤーの熱を分散させて均一に熱を与えます

低温で優しく髪を乾かすことができます。

60℃は、トリートメントを浸透させるのに理想の温度です。

トリートメントした後にこのドライヤーで乾かせば、60℃の最適な温度でトリートメントの浸透をサポートします。

低温で乾かすことで髪内部の水分を逃しません。

しかも、これまでより早く乾くのです。

人によって髪からドライヤーの距離が違います、それによって温度も変わってくるのです。

そのため2万人以上のアンケートを参考に60℃のドライヤーが完成しました。

「髪がきれいになった」と89%が回答

「パサつきが改善した」と88%が回答

「髪にツヤがでた」と89%が回答

購入者の感想

レビュー

レビュー

レビュー

レビュー

上記のレビューは3000件以上よせられたレビューの中から記載させていただきました。

それだけ売れているということ。

そして購入者のかたに満足されている商品ということです。

30日間全額返金保証

30日間全額返金保証

30日使ってみて、もしご満足いただけない場合は代金を返金させていただきますので、

「返金保証があるなら、ちょっと試しに使ってみよう」
まずは、そんな軽い気持ちでスタートされていただいて結構です。
私たちのヘアドライヤーは、あなた様にきっとご満足いただけると確信しております。

聞いたことがないメーカーのヘアドライヤーで心配かもしれませんが、私たちはこれまで15年もの間ヘアケアだけを専門に考えてきた会社です。
これまでは電気の専門家がヘアドライヤーを作ってきたため髪のヤケドがあたりまえでしたが、髪を知り尽くした髪の専門家が作ったヘアドライヤーは仕上がりが違います。
一度お試しいただければ、その違いにきっとご満足いただけるはずです。

ヒートケア60低温ドライヤー特別価格¥14,800

公式サイトはこちら

↓↓↓↓↓↓

商品の良さ

ドライヤーを選ぶ時、もちろん人によって重視するところは違うと思いますが、

優先されるところから考えても、色や形って最後ですよね。

まぁ、頻繁に旅行に持ち歩いたりする人は大きさや形も優先するかとは思います。

でもたいていは家に置いて使う方がほとんど。

ならば、どれだけ髪にダメージを与えず、時間をかけずに乾かせるか。

どれだけドライヤーが髪に影響を与えているか、

いいドライヤーを使うとちゃんと髪に答えがでます。

CAVECAVE

私もここ数年前まで、ドライヤーは乾かす道具としか考えていませんでした。

ところが実際「ドライヤーで髪が変わる」ということを実感し、そうだよなぁ毎日使うんだから。

とシャンプーやコンディショナーを考えるのと同様に大切さを改めて感じました。