【発芽玄米】生きている玄米で食物繊維たっぷり!なでしこ健康生活



白米と玄米の違いわかりますよね。

では発芽玄米とはどういうものでしょう?

玄米をわずかに発芽させることで栄養価も変わってきます。

毎日のご飯で食物繊維をたっぷり摂りましょう。

玄米

玄米は、籾米(もみごめ)から籾殻(もみがら)だけを取り除いたお米です。

玄米からさらに糠(ぬか)と胚芽(はいが)を取り除き、胚乳(はいにゅう)のみにしたお米が白米になります。

玄米、三分つき米、五分つき米、七分つき米、胚芽米、白米の順に精白度合いが大きくなりますが、

精白がすすむにつれてビタミンやミネラル、食物繊維などの体に良い成分が失われてしまいます。

お米を玄米のまま食べることで、栄養バランスの優れた健康的な食事ができます。

白米との違い

1.食物繊維の含有量

玄米の糠層には、食物繊維が豊富に含まれていて、白米と比べると約8倍もの食物繊維を含んでいます。

食物繊維は、腸内環境を改善し腸からの脂肪の吸収を抑制する働きがあるので、身体の内側から整えることができます。

さらに、便秘を解消すると同時に、体内の余分なコレステロールや糖分、発ガン物質などの有害物質を排出してくれます。

そのため、癌や生活習慣病の予防、またダイエットにも効果的といえます。

ただし、玄米は白米よりも消化に時間がかかるため、しっかり噛んで食べることが大切です。

2.ビタミンB群が豊富

玄米の胚芽や糠(ぬか)には、食物繊維の他に、ビタミンB群(B1、B2,B6,ニコチン酸、パテントン酸、イノシトール、葉酸等)が含まれています。

ビタミンB群は、エネルギーをつくり出す代謝を助ける働きがあるため、人間の身体には必要不可欠な栄養素です。

どんなに炭水化物を摂取しても、このビタミン類が不足するとエネルギー化が進まず、その結果、疲れやすくなったり病気になったりします。
玄米ご飯

発芽玄米の栄養

玄米をわずかに発芽させたのが発芽玄米です。

発芽の際に眠っていた酵素が活性化し、出芽のために必要な栄養を玄米の内部に増やしていきます。

そのため、玄米よりも栄養価が高いのです。

発芽玄米には、健康に欠かせない栄養成分が、たっぷりと含まれています。

腸内環境を整える食物繊維、サビから体を守るビタミンE、体調を整えるマグネシウム・カルシウムなどのミネラルはもちろん、

白米からは摂るのが難しい、「オリザノール」「GABA(ギャバ)」も豊富に含まれています。

さらに、発芽の過程で増加することが発見されたPSG(発芽米ステロール配糖体)は、「体脂肪を減らす期待の機能成分」といわれています。

中性脂肪や基礎代謝に関わり、体脂肪のつきにくい体づくりを応援します。

また、血管の老化を予防し、LDLコレステロールにもアプローチするので、生活習慣が気になる人にも朗報ですね!

発芽玄米の効果

中性脂肪の吸収を抑え、食事からのカロリーの吸収をカットする働きがあります。

そのため、お腹についた脂肪がエネルギー源として燃焼されやすくなり、ウエストサイズの低下に効果的だと言われています。

発芽玄米に含まれる食物繊維の量は、白米の約6倍にも及びます。

玄米に含まれる食物繊維は、「不溶性食物繊維」といって、水に溶けない代わりに吸水性が高く、水を吸収して膨らむ性質を持っており、消化されることはありません。

ですので、腸内で大きく膨らみ、満腹中枢を刺激する為食べ過ぎを防ぐ効果があります。

また、大きく膨らんで腸管や腸壁を刺激し、ぜん動運動を活発にするという役割も担います。

加齢とともに減少するコラーゲン。コラーゲンが減少すると肌の弾力は失われ、たるみに繋がっていきます。

発芽玄米は、ビタミンやミネラルなど大切な栄養素を豊富に含んでいるため、コラーゲン生成を助ける役割があります。


【生きている玄米】

メディアで話題!『なでしこ健康生活』から発芽玄米、酵素玄米専用の玄米と雑穀が出来ました。

アンチエイジング料理の第一人者「堀知佐子先生」も絶賛したこだわりの玄米。

大人気の雑穀フードコーディネーター柴田真希さんが開発した酵素玄米専用の究極の雑穀ブレンド。

これから玄米食生活を始められる方にただいま「玄米酵素ごはんお試しセット」全国送料無料キャンペーン実施中!!

【生きている玄米について】

発芽したて玄米を毎日手間なく美味しく食べるためにご用意しました!

契約農家にて玄米食用に選別し、籾(モミ)殻をしっかりとり、無洗米のように手間なく簡単に洗うだけで

食べれますので、発芽玄米食や酵素玄米食をはじめて始める方に特にオススメの玄米です。

安心安全と美味を追求し、『コシヒカリ誕生の地』福井県の豊かな自然の中で育てた本物の玄米です。

発芽玄米、酵素玄米専用だからもちろん本物の生きた玄米です。

日本のお米のほとんどは、お米用乾燥機で灯油バーナーで熱風を当てながら乾燥させるため、

生命力のない『死んだ玄米』になっています。

これは精米し、白米として食べることを前提にしているためです。
発芽玄米

なでしこブレンドは選び抜かれた5種類の雑穀を使用 
大麦・ハト麦・そばの実・赤米・高キビ

なでしこ健康生活 コシヒカリ100%【生きている玄米】は、発芽させるためのお米の生命力を守るため

バーナーの熱風は使わず、通風だけでじっくりゆっくり、自然乾燥で【生きている玄米】に仕上げています。

もちろん残留農薬ゼロ、栄養満点の玄米です。

化学肥料は一切使用せず、有機肥料と微生物の力を借りて育てた自然農法を採用しています。

土壌中の微生物との共存を抜きにした農業は化学肥料と農薬に頼らざるを得ません。

ホタル、メダカ、タニシ、ドジョウが棲むほど土壌中の微生物の生息しやすい環境を最優先した健全な田んぼ

で育てた安心、安全で、本来の旨みや滋養成分がたっぷり含まれた栄養満点の玄米です。

雑穀ごはん

【玄米酵素ブレンドについて】

玄米酵素ごはんを食べたい方にオススメのオリジナルブレンド雑穀です。

選び抜かれた7種類の雑穀を使用 
大麦・ハト麦・赤米・高キビ・黒米・黒豆・小豆

ブレンド雑穀は、100%国内産。生産者が丹誠を込めて育てた雑穀のみを使用しています。

大量生産や海外の雑穀をブレンドしているものが多い中、家族が安心して食べられる上質な国内産の雑穀に

こだわりました。雑穀の種類が多ければ良いというわけではありません。

発芽玄米自体の栄養価は一般の白米雑穀ごはんと比べても、十分に栄養価が高いですので、

せっかくの美味しい発芽したて玄米そのものの甘み、旨み、食感などの食味を軽減しない数種類に厳選し

ブレンドしました。発芽玄米をそのまま食べるより栄養価がグーンと増します。

玄米は、よく噛んで食べるので食べ過ぎないし、毎日のご飯で食物繊維もしっかり。

栄養も豊富な発芽玄米を取り入れてみませんか?