楽天Ragriでスティックセニョールを育ててもらっています!9/20


9月10日に注文しました

楽天ラグリ楽しい!
Ragri(ラグリ)は、日本の農業の課題を解決し、農業を通じて日本を元気にしていくサービスです。
Rakuten(楽天)とAgricultre(農業)を合わせてRagriと名付けられたそうです。
スティックセニョールをお願いしてみました!

スマホで畑の状態を見ます(о´∀`о)
草取りや水やり、肥料をお願いします。

今の実際の畑の画像も見れます。


育ててくれている大平さんです!
コネクトページでコメントもできます。

9月13日


可愛い芽を見ると優しい気持ちになりますね。

赤ちゃん見た時と同じような気持ちですね。

9月20日

葉っぱ育ってますね~この数日、急に冷えてきて一気に秋っぽい。

大平さんも、スティックも風邪ひかないでねー。

 

★収穫は12月ごろなので、これから成長が楽しみです!

成長を更新していきたいと思いますので、時々覗いてください。

CAVECAVE

生産者の顔が見えて、お野菜の成長も見れて、こんな楽しい楽天ラグリ
今までやってなかったのもったいなかったー。

スティックセニョール

スティックセニョールはサカタのタネがブロッコリーと中国野菜の芥藍(かいらん)とを掛け合わせて作った品種です。

通常ブロッコリーは主軸の頂点に出来る花蕾を食用としますが、スティックセニョールは次々と伸びる脇芽として伸びる茎の部分と、その先の花蕾を食用とします。

当初はブロッコリーニという名称で広まりましたが、それ程国内では普及せず、アメリカでブレイクしたのを機にスティックセニョールという商品名で再デビューを果たしました。

●アスパラのように茎を食べるブロッコリー

花芽の部分は少し締りがゆるいブロッコリーといった食感です。

茎の部分はアスパラガスのようにコリッとした歯ざわりが楽しめる適度な固さで、ほんのり甘味があります。

ブロッコリーと同じように青臭みなどのクセはなく、とても美味しいです。

●スティック・セニョールの特徴

花芽の部分は火が通りやすく、菜の花と同じでゆで過ぎると柔らかくなり過ぎて食感が損なわれてしまうので注意しましょう。

●主な食べ方

花蕾の部分と茎の部分は食感も違うので、別々の楽しみ方が出来ます。

花蕾の部分はブロッコリーや菜の花と同じようにさっと塩を加え沸騰させた中で茹でてサラダにしたり肉料理などの付け合わせにもいいでしょう。

茎の部分はアスパラガスと同じような食べ方ができ、適当な長さに切って炒め物に向いています。

【ブロッコリーのページへ】